5 Tips for a Successful Relationship

78億人(2021年現在)の中から奇跡的に出会えたパートナーだから

末長く共に人生を歩んでいきたいですよね。

 

そんなあなたに読んでいただきたい

パートナーとの関係を良好に保つために大切にしたい5つのこと

をご紹介していきます。

 

1.コミュニケーション

どれだけ付き合いが長くても相手は自分ではない他の人格です。

完全に理解することはできません。

変に邪推してやきもきするのではなく、ちゃんと言葉で確認し合いましょう。

コミュニケーションが取れない人とは関係性は構築できません。

 

2.信頼

「何があっても相手を信頼する」

これは結婚生活を維持する秘訣について質問した際の母親の回答。

「何があっても」をつけた母親の言葉の重みを感じます。

 

ルフレッド・アドラーが「信頼」について

「信頼」とは裏付けも担保もなく相手を信じることである

と定義しています。

 

どんな信頼関係も、まず自ら相手を信頼し初めて成立するものですね。

 

3.尊重

自分の気持ちが優先されると相手を尊重する気持ちが薄れます。

大切なパートナーはあなたの所有物ではありません。

愛があれば相手を一人の人間として尊重できるはず。

 

4.柔軟性・バランス感覚

恋→恋愛→愛情へと変化していく過程で

気持ちもワクワクから心地のいい安心感へと変化します。

 

自分を取り巻く環境が変化するように

パートナーの環境も常に変化します。

 

常にお互い変化を続けている状態で

良好な関係性を保つ秘訣は

その時々の状態に対応できる柔軟性やバランス感覚でしょう。

 

「細かいことを気にしない」「過去がどうだった等に固執しない」で

どっしり構えて、その時々の変化を楽しめる余裕が必要になります。

 

5.自立

どちらかがどちらかに依存する関係性は長続きしませんし

健康的な関係性ではないように感じます。

 

お互いが別々の時間を過ごすことを許容し

各々が自分の楽しめる趣味や目標を持つことで

相互に高め合い、人生を豊かにできる。

そんな関係性を構築していきましょう。

 

 

パートナーと大きな目標を共有しつつも

お互い各々の自己実現は諦めない。

 

二人の人生の直線上に様々な”楽しみ”を配置し

仲良くご機嫌に日々過ごしてください。