Downsize and Simplify Your Life

私はミニマリストではないが

今使っているものだけを所有し、使っていないモノは手放し

できる限りシンプルに生活したいと思っている。

 

そもそも、それが癖づいたのは引っ越しがきっかけだった。

 

部屋探しが好きな私は基本的に2年の更新を迎えるごとに引越しをする。

きっかけとなった引っ越しは、

一人暮らしにしては広い部屋から、東京では一般的なサイズ感の部屋への引越しだった。

 

当時住んでいた部屋の2/3サイズの部屋への引っ越し1か月前

私は何を新居に持っていくのかで頭がいっぱいだった。

それまでは、どちらかというとモノを捨てられないタイプで

収納を駆使して何とかモノを捨てないで良い状態を保っていた。

 

しかし、新居は収納という小手先の対処ではどうにもならない程に

小さかった。

いや、私の所有物が多かった。

 

その時にミニマリズムに出会った。

何度も大規模断活を重ね、その度にハードルを上げていき、

それでも足りず悩んだ私は最後の手段を決行した。

今使っていないものは全捨て

正直モノを捨てるだけでも心が痛いのに

いつか使うかもしれないモノまで手放すのは不安しかなかった。

 

これが功を奏した。

難なく所有物を2/3まで減らすことに成功。

 

今使っていないモノの多さに驚いた。

そして、その後手放したことへの後悔が皆無だったことへも驚いた。

 

この時から引っ越し以外のタイミングでも持ち物を確認し

使っていないモノは手放すようにしている。

 

このパトロールをしたくなる時はだいたい心がモヤモヤしている時。

手放したモノの量に比例して何故か心が軽くなる。

何故か思考もクリアになり前向きになれる。

 

自分か把握できてコントロールできる量以上のものを所有すると

心が疲れるんだと思う。

 

モノだけでなくインプットする情報もコントロールしている。

テレビは5年前に手放したので、受動的視聴はしない。

ニュースもシャットアウトしている。

検索エンジンはニュースの表示がないGoogleを使用。

LINEもニュースのページを通話履歴のページに表示変更している。

大事なニュースは人伝いで必ず耳にするし

興味があれば自分で深堀りする。

 

当然、SNS等の通知も全てOFFにしていて

自分が確認したいタイミングで見に行くようにしている。

 

私にとって、暮らしをシンプルにすることは主体的に生きるために必要な事。