What Does Your Ideal Life Look Like?

嫌なことして死なない

これは、「年収90万円で東京ハッピーライフ」の著者の言葉。

 

昨日、久々に中田敦彦さんのYouTube大学を見ていたら、この本が取り上げられていた。

本要約チャンネルなんかでもよく見かけていたので本の存在自体は知っていたが

中田敦彦さんのプレゼン力の高さで、私の心を貫通した。

 

2014年、YouTubeのCMで「好きなことで、生きていく」という言葉が世の中を席巻した。

 

これを機に、やりたいこと探しの旅に出て迷子になってしまった人も多いのではないか。

そもそも「楽しい」とか「大切にしている」ことが必ずしも仕事に直結するとも限らないし

気になる職業を全て経験して、そこからベストチョイスを見つけるほど人生は長くない。

しかし、一度きりの人生「やってみたいこと」「気になること」があるのであれば

時間とお金の許す限り試してみる価値はあると思う。

 

ただ、生活を維持するために”お金”が必要なのは事実で

FIRE(経済的自立早期リタイア)を実現できている人でない限りは

最低限の生活を成立させるための"仕事"が必要となる。

そこで登場する言葉が

嫌なことして死なない

 

自分は何をストレスに感じているのかを徹底的に考え抜き

それを排除した仕事や働き方、生き方を選択する。

 

ここで大切なのが「周りの空気感」や「世間の常識」に惑わされないこと。

行きたい方向に進むことを躊躇する気持ちの根底には大抵この2つがある。

 

今一度「理想の人生」について考えるきっかけとなったパワーワード

嫌なことして死なない(3回目😂)