Be careful with your words, They can only be forgiven, not forgotten.

言葉には気をつけましょう。

 

許されたとしても決して無かったことにはなりません。

言われた本人が忘れることはないでしょう。

 

一度失った信用を取り戻すには、かなりの努力を要します。

 

相手はあなたの行動を

ことあるごとにネガティブフィルターを通して

見るようになるでしょう。

 

 

LINEのようなテキストメッセージのやりとりでは

特に注意が必要です。

 

相手の顔が見えない分

自分の思い込みで誤解が生じ

誤解が解けることなく行くとこまで行ってしまいがちです。

 

言ってはいけないことまで言ってしまいがちです。

 

どれだけ親密であっても、言ってはいけないことに変わりはありません。

 

深呼吸をして少し冷静になって送信ボタンを押すのをやめましょう。

押すか押さないかで、あなたの未来は大きく変わってきます。