Increasing Your Financial Literacy Can Help You Achieve Your Life

マネーリテラシーを高めないと、確実に損をする!

 

「投資を再開する!」を2021年の達成目標にしていて目下お勉強中の私。

 

10年前の私は投資にはまっていた。

2011年に東京電力の株が大暴落するまでは。

 

利率の良い定期預金のような感覚で、私だけではなく当時多くの人が所有していた東電。

一瞬にして1/20まで大暴落してしまった。

連日のストップ安を、ただただ呆然と眺めていた。

 

それから現実から目を背けるように、投資をやめた。

 

テクニカル分析を中心に投資について学んでいた(つもりだった)

それが功を奏してキャピタルゲインを得ていたと当時の私は思っていたが

単に相場の上昇トレンドだったというだけの話だと今では分かる。

 

今は投資ブーム。

長生きリスクを考えても、インフレリスクを考えても、

投資をしておくことが大切なのは間違いない。

 

ただし、ちゃんと知識を得、仕組みやリスクを理解できてからでないと

「投資」ではなく「投機」になってしまう。

 

だから地道に知識を増やし、自分のポートフォリオを作っていこうと思う。

 

 

 

話は変わるが、昨日人生で初めて「ふるさと納税」なるものを経験した。

 

ずっと手数料の2,000円が気になっていて

「2,000円払ってでも欲しいものがなければやらない!」

と、ドケチぶりを発揮していたが

お金の勉強をしている時にある情報をキャッチした。

 

楽天経済圏住人の私は、どうやら「ふるさと納税」の獲得楽天ポイント

手数料2,000円問題を余裕でクリアできる!

 

楽天経済圏の住人だと周りに宣言していたものの(言いたいだけ😂)

どんなメリットを享受できるのかを昨日までの私はよく分かっていなかった。

 

な、なんと!

「SPU」「5と0のつく日」「お買い物マラソン」なんかを組み合わせると

ポイント還元がえぐいことになる。

✴︎キャンペーンや会員ステージによって獲得上限ポイントが違うので要確認

 

こ、このことですか!先生

楽天ポイントで電気代やスマホ代がまかなえる」という意味は!!

 

世間の皆さまは、ぎょうさん楽天市場でお買い物してはるんやな〜(エセ京都弁)

と、ぼーっと聞いていた言葉が蘇る。

 

ち、違う!

私が知らないだけだった。

 

知らないと、確実に損をする。

 

 

How To Get Your Unwanted Emotions Under Control

ネガティブ感情に支配され抜け出せなくなる時ありませんか?

 

考えたからと言って状況が変わるわけでもなく...

ひたすら時間の無駄、更にネガティブ感情は増幅...

嫌ですよね。どうにかしたい!

 

こんな時に試していただきたいことを2つご紹介します。

 

1)3分間だけ他の何かに集中する

ゲームでも大好きな趣味でもなんでもいいです。

すぐに集中出来る何かを始めてみてください。

何かに集中できている時って雑念は消えてますよね。

その3分間でネガティブ感情は過ぎ去ります。

そんなもんなんです、人間の感情って。

 

2)全ての人に好かれようとしない

世界中の全ての人があなたのことを好きになることはないです。

非の打ち所がないような人だって、そんな人を嫌う人はいます。

”好かれたい”という感情はネガティブ感情です。

要らぬ邪推を招き、あなたを苦しめます。

そしてその邪推は大抵当たっていません。

 

ネガティブな感情を完全に持たないよう方法は残念ながらありません。

・ネガティブな感情からできるだけ早く抜け出す

・我を忘れて楽しめる、没頭できることに集中して雑念を消す

この2つを身につけて、できるだけストレスのない生活を心がけましょう。

If you change the present, you can change the past and the future.

過去と他人は変えられない。

未来と自分は変えられる。

 

よく耳にする言葉だと思います。

 

今回、他人については置いておいて

”過去は変えられる”ということについて考察していきたいと思います。

 

確かに過去に起きた事象については変えることはできません。

ここで思い返してみていただきたいのが

なぜ

「ただただ思い出したくない過去」と

「あのお陰で今があると思える過去」と

両方が存在するのか。

恐らくどちらも当時は「嫌だ」「辛い」「逃げたい」という

負の感情が伴っていていたはずです。

 

両者の違いの多くは

その後の未来が「それを踏まえた成功体験もしくは学び」になったのか否か

ではないでしょうか。

 

そう、現在の状況によって過去の意味付けは変わるんです。

 

現在の取り組み方を変えれば、未来得られる結果と過去の意味合いが変わる

 

 

How to Make Yourself Do It When You Just Don't Want To

絶対やらなきゃいけないけど

やりたくないことって色々ありますよね。

 

東大メンタル「ドラゴン桜」に学ぶ

やりたくないことでも結果を出す技術

によりますと

 

やりたくない=主体的でない

ことが大半であると。

 

そこに「やりたい」と思える意味が見出せてないのだと。

ですので、そこに目標や目的を自ら設定すると良いのだそうです。

 

そうすれば、それをやる意味を見出せ

「自分にとって必要だ」「自分のためにやるんだ」

と思えるとのこと。

 

この著書は「東大受験」がベースとなっているため

例えば勉強でも「親の喜ぶ顔が見たい」というモチベでは弱く

自分の欲望のため」にまで勉強する目的を引き上げなければ

成果が大きく変わってくる

と書かれています。

 

どんなに嫌なことでも、あなたにとって何かプラスになることはあるはず。

それを目標にやり切りましょう!

 

5 Tips for a Successful Relationship

78億人(2021年現在)の中から奇跡的に出会えたパートナーだから

末長く共に人生を歩んでいきたいですよね。

 

そんなあなたに読んでいただきたい

パートナーとの関係を良好に保つために大切にしたい5つのこと

をご紹介していきます。

 

1.コミュニケーション

どれだけ付き合いが長くても相手は自分ではない他の人格です。

完全に理解することはできません。

変に邪推してやきもきするのではなく、ちゃんと言葉で確認し合いましょう。

コミュニケーションが取れない人とは関係性は構築できません。

 

2.信頼

「何があっても相手を信頼する」

これは結婚生活を維持する秘訣について質問した際の母親の回答。

「何があっても」をつけた母親の言葉の重みを感じます。

 

ルフレッド・アドラーが「信頼」について

「信頼」とは裏付けも担保もなく相手を信じることである

と定義しています。

 

どんな信頼関係も、まず自ら相手を信頼し初めて成立するものですね。

 

3.尊重

自分の気持ちが優先されると相手を尊重する気持ちが薄れます。

大切なパートナーはあなたの所有物ではありません。

愛があれば相手を一人の人間として尊重できるはず。

 

4.柔軟性・バランス感覚

恋→恋愛→愛情へと変化していく過程で

気持ちもワクワクから心地のいい安心感へと変化します。

 

自分を取り巻く環境が変化するように

パートナーの環境も常に変化します。

 

常にお互い変化を続けている状態で

良好な関係性を保つ秘訣は

その時々の状態に対応できる柔軟性やバランス感覚でしょう。

 

「細かいことを気にしない」「過去がどうだった等に固執しない」で

どっしり構えて、その時々の変化を楽しめる余裕が必要になります。

 

5.自立

どちらかがどちらかに依存する関係性は長続きしませんし

健康的な関係性ではないように感じます。

 

お互いが別々の時間を過ごすことを許容し

各々が自分の楽しめる趣味や目標を持つことで

相互に高め合い、人生を豊かにできる。

そんな関係性を構築していきましょう。

 

 

パートナーと大きな目標を共有しつつも

お互い各々の自己実現は諦めない。

 

二人の人生の直線上に様々な”楽しみ”を配置し

仲良くご機嫌に日々過ごしてください。

 

 

Top 3 Things To Declutter Right Now

来月頭に引っ越しを控え

「何を新居に持ってく?」を毎日自問自答しています。

 

私は引っ越しが大好きで

マンションの更新の度に引っ越しをしています。

なので2年に一度は「何を新居に持ってくか」に

真剣に向き合います。

 

そんな百戦錬磨😂な私が考える

今すぐ手放すべき3つのものをご紹介していきます。

 

1.使っていない綺麗な状態のもの

ずいぶん前からその場所を占拠し

もはやオブジェと化しているモノとか服とかありませんか?

そこにあるのが自然すぎて

捨てるべきか否かという選択肢にも入ってこないものたち。

 

この子たちに気づけばあなたは勝ったも同然。

今すぐに手放しましょう!

 

わかりますよ。

未使用もしくは未使用に近い状態の綺麗なものを捨てるのは

本当に心が痛みますよね。

でも、考えてみてください。

これまで所有していたのに使わなかった(着なかった)から綺麗なんです。

 

断言します。

これからも手に取ることはありません。

今すぐ手放しましょう。

 

2.収納用品

クラシファイド系サービスなんかを利用して

自分が不要となった収納を使ってくださる方にお譲りしながら

いくつか手放しました。

 

収納用品を増やすとろくなことはありません。

収納用品は限りなく減らし

その中に今使用しているものだけを整理して収める。

 

これを実行すると家が散らかることは無くなります。

 

3.テレビ

テレビを手放したのはずいぶん前になります。

 

「朝起きたら」「仕事から帰ってきたら」

とりあえずテレビつけてました。

 

ちゃんと見る訳でもなく、なんとなく見る。

なんとなく見てるだけなのに

やんなきゃいけないことを後回しにし続ける。

 

そんな繰り返しに嫌気がさし、手放すことを決意。

ちょうど当時は英語の勉強もしていて

日本語を耳にしない環境にしよう!と思い始めたのも

後押しとなりました。

 

誰かの家でテレビがついていても

今では見向きもしなくなりました。

 

 

時間も空間もお金も、あなたを取り巻く全てのものが有限です。

その限られた中で

いかに自分の大切で・好きで・優先順位が高いモノやコトの

濃度を上げていくのか。

 

是非向き合ってみてください。

 

 

Enrich Your Life with Curiosity

興味を持ったら何でも調べてみよう!

 

知るともっと好きになる。

 

興味あることや好きなことが多いと人生は豊かになる。

話が面白い人は大抵物知りだ。

 

昔、母親に「わたし英語話せるようになる!」と宣言した際

言語学習も大切だけど、海外の人は話題が豊富よ。

 まずはもっと色んなことを見聞きして興味の幅を広げなさい。」

とアドバイスを受けたことがある。

 

その時は「はっ?」って思ったが、事実だった。

実際にわたしよりも日本の文化や歴史に詳しかったり

かなり幅広い話題に対応できたりする方は多く

(頻繁に海外に出かけたり、海外移住をしている人は

 そもそも視野が広いのであろう。)

自分の話題の幅の狭さに嫌気がさした。

 

わたしは昔から好き嫌いがはっきりしていて

好きなことしかやらない。好きな勉強しかしない。

それ以外は見向きもしない。

という難儀な性格の持ち主だ。

 

しかし、仕事上必要に迫られて学んだことが多々あるが

確かに知ると、程度の差こそあれ面白いと感じた。

 

最近、「脱中途半端!」を掲げ

自分が必要だと設定したこと以外に意識をそらさないよう生きていたが

そういうことではない気がしてきた。

断つべきものは他の無駄な時間で

興味の範囲を限定しすぎてはいけないと感じ始めた。

 

知識の点と点が、いずれどこかで繋がって線になる。

その時に大きな発見があるかもしれない。