How to Make Yourself Do It When You Just Don't Want To

絶対やらなきゃいけないけど

やりたくないことって色々ありますよね。

 

東大メンタル「ドラゴン桜」に学ぶ

やりたくないことでも結果を出す技術

によりますと

 

やりたくない=主体的でない

ことが大半であると。

 

そこに「やりたい」と思える意味が見出せてないのだと。

ですので、そこに目標や目的を自ら設定すると良いのだそうです。

 

そうすれば、それをやる意味を見出せ

「自分にとって必要だ」「自分のためにやるんだ」

と思えるとのこと。

 

この著書は「東大受験」がベースとなっているため

例えば勉強でも「親の喜ぶ顔が見たい」というモチベでは弱く

自分の欲望のため」にまで勉強する目的を引き上げなければ

成果が大きく変わってくる

と書かれています。

 

どんなに嫌なことでも、あなたにとって何かプラスになることはあるはず。

それを目標にやり切りましょう!

 

5 Tips for a Successful Relationship

78億人(2021年現在)の中から奇跡的に出会えたパートナーだから

末長く共に人生を歩んでいきたいですよね。

 

そんなあなたに読んでいただきたい

パートナーとの関係を良好に保つために大切にしたい5つのこと

をご紹介していきます。

 

1.コミュニケーション

どれだけ付き合いが長くても相手は自分ではない他の人格です。

完全に理解することはできません。

変に邪推してやきもきするのではなく、ちゃんと言葉で確認し合いましょう。

コミュニケーションが取れない人とは関係性は構築できません。

 

2.信頼

「何があっても相手を信頼する」

これは結婚生活を維持する秘訣について質問した際の母親の回答。

「何があっても」をつけた母親の言葉の重みを感じます。

 

ルフレッド・アドラーが「信頼」について

「信頼」とは裏付けも担保もなく相手を信じることである

と定義しています。

 

どんな信頼関係も、まず自ら相手を信頼し初めて成立するものですね。

 

3.尊重

自分の気持ちが優先されると相手を尊重する気持ちが薄れます。

大切なパートナーはあなたの所有物ではありません。

愛があれば相手を一人の人間として尊重できるはず。

 

4.柔軟性・バランス感覚

恋→恋愛→愛情へと変化していく過程で

気持ちもワクワクから心地のいい安心感へと変化します。

 

自分を取り巻く環境が変化するように

パートナーの環境も常に変化します。

 

常にお互い変化を続けている状態で

良好な関係性を保つ秘訣は

その時々の状態に対応できる柔軟性やバランス感覚でしょう。

 

「細かいことを気にしない」「過去がどうだった等に固執しない」で

どっしり構えて、その時々の変化を楽しめる余裕が必要になります。

 

5.自立

どちらかがどちらかに依存する関係性は長続きしませんし

健康的な関係性ではないように感じます。

 

お互いが別々の時間を過ごすことを許容し

各々が自分の楽しめる趣味や目標を持つことで

相互に高め合い、人生を豊かにできる。

そんな関係性を構築していきましょう。

 

 

パートナーと大きな目標を共有しつつも

お互い各々の自己実現は諦めない。

 

二人の人生の直線上に様々な”楽しみ”を配置し

仲良くご機嫌に日々過ごしてください。

 

 

Top 3 Things To Declutter Right Now

来月頭に引っ越しを控え

「何を新居に持ってく?」を毎日自問自答しています。

 

私は引っ越しが大好きで

マンションの更新の度に引っ越しをしています。

なので2年に一度は「何を新居に持ってくか」に

真剣に向き合います。

 

そんな百戦錬磨😂な私が考える

今すぐ手放すべき3つのものをご紹介していきます。

 

1.使っていない綺麗な状態のもの

ずいぶん前からその場所を占拠し

もはやオブジェと化しているモノとか服とかありませんか?

そこにあるのが自然すぎて

捨てるべきか否かという選択肢にも入ってこないものたち。

 

この子たちに気づけばあなたは勝ったも同然。

今すぐに手放しましょう!

 

わかりますよ。

未使用もしくは未使用に近い状態の綺麗なものを捨てるのは

本当に心が痛みますよね。

でも、考えてみてください。

これまで所有していたのに使わなかった(着なかった)から綺麗なんです。

 

断言します。

これからも手に取ることはありません。

今すぐ手放しましょう。

 

2.収納用品

クラシファイド系サービスなんかを利用して

自分が不要となった収納を使ってくださる方にお譲りしながら

いくつか手放しました。

 

収納用品を増やすとろくなことはありません。

収納用品は限りなく減らし

その中に今使用しているものだけを整理して収める。

 

これを実行すると家が散らかることは無くなります。

 

3.テレビ

テレビを手放したのはずいぶん前になります。

 

「朝起きたら」「仕事から帰ってきたら」

とりあえずテレビつけてました。

 

ちゃんと見る訳でもなく、なんとなく見る。

なんとなく見てるだけなのに

やんなきゃいけないことを後回しにし続ける。

 

そんな繰り返しに嫌気がさし、手放すことを決意。

ちょうど当時は英語の勉強もしていて

日本語を耳にしない環境にしよう!と思い始めたのも

後押しとなりました。

 

誰かの家でテレビがついていても

今では見向きもしなくなりました。

 

 

時間も空間もお金も、あなたを取り巻く全てのものが有限です。

その限られた中で

いかに自分の大切で・好きで・優先順位が高いモノやコトの

濃度を上げていくのか。

 

是非向き合ってみてください。

 

 

Enrich Your Life with Curiosity

興味を持ったら何でも調べてみよう!

 

知るともっと好きになる。

 

興味あることや好きなことが多いと人生は豊かになる。

話が面白い人は大抵物知りだ。

 

昔、母親に「わたし英語話せるようになる!」と宣言した際

言語学習も大切だけど、海外の人は話題が豊富よ。

 まずはもっと色んなことを見聞きして興味の幅を広げなさい。」

とアドバイスを受けたことがある。

 

その時は「はっ?」って思ったが、事実だった。

実際にわたしよりも日本の文化や歴史に詳しかったり

かなり幅広い話題に対応できたりする方は多く

(頻繁に海外に出かけたり、海外移住をしている人は

 そもそも視野が広いのであろう。)

自分の話題の幅の狭さに嫌気がさした。

 

わたしは昔から好き嫌いがはっきりしていて

好きなことしかやらない。好きな勉強しかしない。

それ以外は見向きもしない。

という難儀な性格の持ち主だ。

 

しかし、仕事上必要に迫られて学んだことが多々あるが

確かに知ると、程度の差こそあれ面白いと感じた。

 

最近、「脱中途半端!」を掲げ

自分が必要だと設定したこと以外に意識をそらさないよう生きていたが

そういうことではない気がしてきた。

断つべきものは他の無駄な時間で

興味の範囲を限定しすぎてはいけないと感じ始めた。

 

知識の点と点が、いずれどこかで繋がって線になる。

その時に大きな発見があるかもしれない。

 

How to Solve Daily Life Problems

もやもや感情を反芻しても解決することはない!

 

漠然とした不安、気分が晴れない時や嫌なことがあった時

気がついたら、”もやもや”感情スパイラルの中で”ぐるぐる”している時

ありますよね。。

 

わー!不毛な時間を過ごしてたぁ😭

 

今回はこの不毛な時間を過ごさないための解決ステップをご紹介します。

 

STEP1

”もやもや” や ”ぐるぐる” している正体を突き止める。

これが何かが把握できていないから、スパイラルに陥ります。

 

STEP2

「それについて調べる」「詳しい人に聞いてみる」などを通じて

有効そう、自分に無理がなさそうな解決方法の仮説を立てる。

 

STEP3

実行する。

やってみて有効でなければ次に有効そうな方法を試す。

 

 

そう。仕事での問題解決ステップと同じ。

仕事している時は当然のようにやっているのに

こと自分の問題となると、なかなか同じようにはいきませんよね。

仕事は自分自身よりももっと距離をとって俯瞰できるからかもしれません。

 

恐らく”もやもや”の原因は自分が苦手なことも多いはず。

逃げたとしても、その壁はまた形を変え、

再度あなたの前に立ちはだかる可能性は高いです。

 

そういった法則性が見えてきたなら是非踏ん張って

問題解決に臨みましょう。

1度経験すれば次からは、もっと楽になる。

 

 

 

 

2 Simple Ways to Start Saving Money

もともとは「節約」とは縁遠く

自分の欲望のままに散在してきました。

 

「節約」を意識し始めたのは

定年まで週5日も働き続けるのは嫌だ!

と思ったことがきっかけでした。

 

1日8時間(休憩を入れると拘束時間はデフォルトで9時間)

人によっては、そこに通勤時間や残業、付き合いの時間が加算されます。

あまりにも人生の多くを費やしすぎている!と感じました。

 

そんな時、出会った言葉が

生活コストをミニマムにすると選択肢が広がる

 

私にとって”希望”の言葉でした✨

 

まだ節約生活駆け出しの私ですが

「節約したいなら絶対試していただきたい2つのこと」をご紹介します。

 

1)今使っていないモノは捨てる

所有物を自分が把握できる量に減らします。

もちろん使っていなくても絶対に捨てたくないものは残しておいてください。

 

すっきりしたお部屋の快適さや身軽さを経験すると

自然とモノを増やしたくなくなります。→ 買い物が断然減る

 

私の場合は、捨てて後悔したものは皆無でした。

あれ捨てちゃった!と思うことがあったとしても

以外と他のモノで代用できることが多いことに驚きます。

 

・同じ用途のモノがいくつもあるな

・こんなにストック必要?

・こんなに広い部屋じゃなくてもいいかもな etc.

 

節約につながりそうな色んな気づきがあると思いますので

可能な範囲で実行に移してみてください。

 

 

2)家計予算を設定する

STEP1

月々でも年間でもいいので、目標貯蓄額を設定しましょう。

 

STEP2

食費、日用品、交際費といった家計の各項目ごとに

月々どの程度使用しているのか把握してみましょう。

 

個人的には把握するのに時間をかけたくないので

1円単位である必要はないと思っています。

家計簿アプリを使用するのもおすすめです。

 

STEP3

手取り収入−目標貯蓄額=家計予算

 

家計予算に収まるように各項目に予算を振り分けてみましょう。

 

予想していたより多く使っていた項目ありましたよね?

そこは予算を減額しておきましょう。

 

それがなくなってしまっては人生が味気なくなるような大切なこと

趣味や大好きなことの予算は削らないようにしてくださいね。

 

 

ギリギリでの生活はしたくないけど

節約をして貯蓄を少しでも増やしておくことは心の余裕を生みます。

 

”何があっても大丈夫”だと思えると

人生の方向転換もしやすいですよ。

 

Do The Opposite of What You’ve Been Doing

何だかうまくいかないなぁ・・なんて思うことありますよね。

そんな時は思い切って「今までと逆」をやってみましょう。

 

うまくいかない時、私もそうですが多少のマイナーチェンジを加えて

思ったほど収穫ない...と落ちこむ方も多いのではないでしょうか。

 

そんな時は「今までと逆」なやり方で実験してみましょう。

 

例えば

・世間ではなく自分の中にある常識を疑ってみる

・敢えて自分の”こだわり”を捨ててみる

 

これで必ずうまくいくとは限りませんが

少なくとも今までのやり方では「気づかなかった」何かを

見つけるでしょう。